土地の決済で目の前に札束登場!

土地の決済で目の前に札束登場!

ほんと、何回決済すればいいんだっていう感じになってきましたが今回が本当の(?)土地の決済らしい。。。

いつもは銀行の通常窓口の横にある商談テーブルで書類をせっせと書いていたけれど、

「あちらへ」と通されたのは

奥の個室。

そこには

土地の不動産屋、仲介不動産、司法書士、ハウスメーカーさんがそろい踏み。

これはいつもと違うとおもいつつ、

ちょこんとわけわからないまま座る買い主の私。

不動産業界のお話しされてて、私はこれから何が起こるのかドキドキの状態。

売主の不動産屋さんが現金決済希望ということで

ちょうど月末だったので手続きが混み合うから時間がかかるということだった。

30分ぐらい待って銀行の担当者が入ってきた。

札束が入っている紙袋を持って!!!!

今回は土地の決済。

銀行が私に土地の代金をローンとして貸してくれる。

ただ、お金の流れは

銀行→私の通帳→各業者

ローンの全額が私の通帳に記載されるだけで、

すぐに不動産屋や、行政書士などに出金されてしまう。

今回は土地の売主の不動産屋が「現金決済」希望ということで、そのお金の流れが現金で行われたのだ!

銀行が持ってきた紙袋は土地分のローンの貸し出し金額。

大人の男性の片手を広げたぐらいの札束が目の前に現れた!

「はい、これは◯◯不動産屋さんね」

と銀行の担当者が売主の不動産屋に、

札束を私の前を素通りさせていく。

「確認してください」と銀行が言うものの

不動産屋さんはガシッと札束を鷲掴みにしてそのままバックへしまってしまった。

あああーーーー!!

私のお金ーーーーーー!!!

私のローンのお金!!!

私の通帳に入っていたお金だったのに、

目の前を通過しただけで

触ることもできなかった!!

本当に左から右に素通り。

一瞬でも金持ち気分味わいたかった!!

札束顎に挟みたかった!!

ただ、ただ、呆然として終わってしまった決済でした。

ああ、札束…。

スポンサードリンク