お庭づくり ほったらかしで草ぼうぼうだったお庭を綺麗に変身させる!

お庭づくり ほったらかしで草ぼうぼうだったお庭を綺麗に変身させる!

引っ越ししてから約5ヶ月経ちました。

生活の方はだいぶ落ち着いてきました。

まだ落ち着いていなかったのが、外構工事。

お庭です。

 

何にもいじれずに、草ぼうぼうで家は綺麗なのに庭が残念なことになっていました。

決してほったらかしにしていたわけではなく、着々と外構工事の話は進んでいたのですよ。

 

スポンサードリンク

 

まずは夢を盛り込んでみた

外構工事ってどうしたらいいのかわからなかったので、ひとまずハウスメーカーさんに見積もりを取ってみました。

理想のお家を実現しようとあれこれ夢を盛り込みます。

自転車が濡れると傷むの早いし、雨の時は大変だから自転車置き場に屋根が欲しいとか、

玄関前は外壁と一体感が出るように、レンガ調で北欧風のおしゃれな感じにしたいとか、

周りは砂利でいいんだけど、明るくしたいから白の玉砂利を入れたいなど、

言いたいことをぜーんぶ言ってみました。

 

すると、出てきた見積もりは150万。

高い!高いよ!

金額にびっくりして現実に目を向けることに。

3社に見積もりをお願いしました

現実的な条件として、

1、玄関前のタイル乱張り

2、砂利は限りなく白に近いもの

3、花壇兼畑をつくる

このくらいにしぼりました。

自転車置き場の屋根は自転車カバーなどで対応すればいいんじゃないということになり、諦めました。

 

そこで、ハウスメーカーさんは高いので他へ見積もりとります。

「ホームセンターのほうが大量仕入れができるので物自体が安くなるからオススメですよ」とハウスメーカーの担当者の方も言ってたので、近隣のホームセンターに結局3社見積もりに行きました。

店頭でイメージを伝えて終わりというところもあれば、現地に工事施工者さんが来てくれて相談しながらイメージを伝えたりと様々でした。

各社とも似たり寄ったりの金額でしたが、決めたのは最後に見積もりを取ったC社。

そのC社は一番安かったものの、「花壇のところにはブロックで仕切りが必要ですよね」と私が気づかなかった箇所を提案してくれたのがポイント高かったです。

あれこれやってくれてこの金額なら言うことなし!

結局夢を盛り込んだ見積もりよりも現実の見積もりは60万近く安く抑えることができました。

 

工事開始

いよいよ5ヶ月間ほったらかしだったお庭が出来ますよーーー。

 

スポンサードリンク