川越散策 時の鐘 お芋 バームクーヘン 刀 小旅行その3

川越散策 時の鐘 お芋 バームクーヘン 刀 小旅行その3

川越散策もそろそろ終盤です。

熊野神社氷川神社を参拝したあとは、
川越のシンボルとも言える「時の鐘」を目指して歩きます。

 

スポンサードリンク

 

時の鐘

高くそびえ立つ時の鐘。

昔は「時の鐘」の通り、時を告げる時計台だったそう。

時の鐘を目指して歩いていると、食べ物屋さんがやたらと目につく。。。

川越はさつまいもが名物なのに、まだ食べてない!ということで大学芋を購入!

ほくほくカリカリの大学芋を食べながら、時の鐘を目指します。

下から見上げる時の鐘。

おっきい〜〜〜。これだけ大きいと、街が一望できそう。

時の鐘の絶景ポイントは、「階段登ってすぐの右から二番目の窓」と事前にネットで調べて行ったのでワクワクしながら階段を探すと

封鎖されていました。

今はもう上には登れないようです。残念。

この急な階段って昔ながらですよね。

時の鐘の奥の薬師様は「眼」のご利益があるようで、眼の絵馬がありました。

見えるのが当たり前って思ってるけれど、ありがたいことです。(^人^)

蔵作りの街並みで一休み

こんな感じの造りの家が並んでいます。

歩き疲れたので、また休憩。

蔵の中のお店、バームクーヘン屋さん。

エッグバウムという卵の形をしたバームクーヘンが目を引きました。

味もカスタード、スイートポテト、キャラメルと種類があるみたいです。

お店の外にあったメニュー看板↓

カスタードを注文してみました!

ナイフで4等分にして召し上がってください〜と食べ方を教えてもらいましたよ。

 

古風なものが似合う街

一休みしたので、散策再開です。

お店の外にアートのように並ぶ包丁たち!

思わず店内に入ってみると、ずらり包丁が。

店内には他のお客様もいて、店員さんが大根をシャッシャッシャッと鮮やかな手さばきで切れ味を見せていました。

合間合間には包丁を研ぐなど、常に手を動かしつつ、説明もしてと熱心に接客されていたのが印象的でした。

(若いメンズでしたよ( ^ω^ ))

 

刀も!!

 

古風な街並みに浴衣姿がとっても似合う。

浴衣レンタルサービスをしているお店もあるようなので、浴衣で散策も情緒があっていいですね。

まとめ

この日の歩数は13000歩を超えました。普段意識しないと3000歩程度なので歩きましたね〜〜。

街全体が小江戸を演出していてタイムトリップした気分でした。

次は浴衣で歩きたいな。

 

スポンサードリンク

 

散策ルート

今回の川越散策ルートをまとめました。

同じ道を通っているので重なってしまいわかりづらくなってしまいましたが、

お店の場所など参考にしてください!

川越散策レポ1で紹介したところは赤の印を、レポ2は水色、今回のレポ3は緑の印になっています。