【映画】JOKER  手が痺れるぐらい怖かった

【映画】JOKER  手が痺れるぐらい怖かった

これ良いよ!とオススメされたものは観てみよう。

それで見た作品がこちら。

JOKER

映画観るとしても、天気の子とか、アラジンとかほんわかするもの。

母から「あなたの笑顔は人を喜ばせる、楽しませる」と言われてモットーに生きるコメディアンを目指すピエロの主人公が、

殺人鬼に変容していく姿を描いた作品。

残虐なシーンがたくさんあるんだろうな、怖いなと予想されたので

観るのどうしようかな悩んだんですよ。

R15指定だし。

私も良い大人(と自分に言い聞かせる)

「今年いちばんの作品」と言われてたしと、緊張しながら座席に座りました。

予告編からして怖い

映画の本編が始まる前に10分ぐらい予告編があるじゃないですか。

天気の子の時は、アナ雪2とかでほんわかなのに、

JOKERは予告編から血しぶきが多い、激しい。怖い。コワイ!

気を紛らわすためにひたすらポップコーンを食べまくり。

感想

笑うこと。

お母さんから「笑うこと」の呪いをかけられてるんだろうなと。

自分を殺してまで笑わなくても良いよね。

悲しいときは泣いても良いし、

人の目を気にせず自分であればいい。

殺人で自分の存在意義を見出せないのは切なすぎた。

自分の気持ちに正直に生きていきたい。

気づき

音楽も迫り来るのは映画館ならでは。

音楽で楽しくなったり、恐怖になったりとても左右される。

ここから殺人シーンになるの?なるの?と恐怖で手がしびれてきたよ。

怖さ★★★★★

感情揺さぶられ★★★★☆

涙 ☆

怖すぎて涙乾いてました。

スポンサードリンク

Posted from SLPRO X for iPhone.