サカイ引越センターでお引っ越し 主婦と若いメンズの力 1日目

サカイ引越センターでお引っ越し 主婦と若いメンズの力 1日目

いよいよお引っ越しです

サカイ引越センターで、梱包から開梱までおまかせするので2日がかりの引越です。

1日目に荷造り隊が来てくれて、

2日目に運んで開梱して、その日から今まで通りと同じ生活ができるというらくちんAコースです。

引越前日までいつも通りフルで仕事をしていたので、自分で荷造りとか一切しませんでした。

片付けもする余裕もなく、

普段の生活100%そのままの部屋。

本気でおまかせしちゃおうと思ってる私。。。

荷造り隊のおばさま達が登場!

荷造り隊のおばさまが3名いらっしゃった時には、何も準備していないのがちょっと恥ずかしかったりもしたけれど、

そんなのお構いなしにおばさま3名は手際よく荷造りをしてくれました。

あれよあれよと梱包された段ボールが積み重なっていく部屋。

私は特にすることもなく、かといって監督役として部屋にいないといけないので居心地わる〜〜〜い。

全然考えていなかった新居の家具の配置や、ネットでこれから購入する家具の品定めをしていたり、電話連絡を取っていたりしていました。

引越当日のお昼ご飯は

途中、お昼休憩を1時間ほど取ったおばさま達。

私もご飯食べなきゃ倒れちゃう。

でも家で食べるわけにもいかず、外食できるようなところが見当たらない我が家。

ということで、近くのスーパーでお弁当を買ってイートインスペースで一人寂しく食べました。

ほうじ茶の暖かさが嬉しかった。。。

女子力的には(MAX100に対して)レベル1ぐらいの低さの行動だけど、今はそんなに飾ってられないのだ。

3人がかかりで5時間

休憩後のおばさま達は全くペースを落とすことなく、段ボールをどんどん積んでいきます。

どれだけこの狭い部屋に荷物を詰め込んでいるんだ?と思うぐらい時間がかかった。

トータル時間5時間!!!!

おばさま達の頑張りで出来上がった段ボールの山。

3人がかりで5時間。

これを全部一人でやろうとすると一体どれだけかかるのだろう。

無理無理、私には無理。

無表情なパンダくんに見つめられながら、梱包をおまかせして本当に良かったと思ったのでした。

スポンサードリンク