埼玉県私立高校受験の準備 「確約」をもらうために必要なこと

埼玉県私立高校受験の準備 「確約」をもらうために必要なこと

高校受験の母真っ只中です。

できればお金の負担のかからない公立に行って欲しい!

公立が第一志望なのですが、私立も併願で受験予定です。

大学浪人ならず、高校浪人にはさせたくないのでね。

埼玉県の私立受験は独特のようなので紹介します。

私立は「確約」をもらえ!

「確約」とは、受験したら合格間違いないですよという太鼓判をもらうこと。

その為には私立高校が開催する「個別相談会」に出席する必要があります。

だいたい10月から12月に開催されています。

「個別相談会」は個別に高校についての気になることを質問できるいい機会。

それと同時に自分の成績を提出して、自分が入学するレベルになっているかどうかを判定してもらう場でもあります。

個別相談会で必要な資料は?

そう、個別相談会は入試の一部なので、必ず制服で行きましょう。

そして判断基準となる成績を持って行きます。

埼玉県では民間テストの「北辰テスト」の点数が基準となっています。

私世代(親世代)の時は、学校で統一して受験出来ていましたが、民間企業が独占しているなどと問題になったこともあり、任意で受験と変更になっています。

でも、私立高校を受験するのであれば「必須」です!!

朝早く、慣れない受験会場までの送り迎えは面倒です。

でも納得できる成績が残せるまで毎月受験しましょう。

通知表も忘れずに

pak15_notepenhikkiyougu20140312_tp_v学校の成績も忘れずに持って行きましょう。

学校の成績は普段中学校の先生が保管していると思うので、事前に「個別相談会に必要なので」と、返却してもらっておきます。

その他用意しておくといいもの

欠席日数や表彰を受けたものがあれば記入できるようにしておきましょう。

それに、「個別相談会」は事前予約が必要な場合があるので、高校のホームページで確認しておきましょう。

夏頃から学校説明会、個別相談会、希望校の文化祭訪問、北辰テスト、英検や漢検、そして塾や習い事など受験生はハードスケジュールになってきます。

日程が重ならないようにスケジュールを組むにも工夫が必要になってきます。

希望校に入学できるよう準備は整えておきましょうね。

スポンサードリンク