直感を信じたら大きな愛に包まれていたよ〜あげまんちゃみさん懇親会編〜

直感を信じたら大きな愛に包まれていたよ〜あげまんちゃみさん懇親会編〜

ちゃみさんの講演会のあとは、スクール生とちゃみさんで懇親会に参加しました。

ちゃみさんが怖い

ぶっちゃけ言いますが、申し込んだもののあまり気乗りがしておらずでして。なぜならちゃみさんに失恋してますから→「横浜ちゃみまつりは自分リベンジでした」

ちゃみさんに会うの怖かったんだよね。また何言われるかわからないし、「サヌキとアワ」についてあれから学んだかって言ったら何も手をつけてないし。嫌なことをダラダラと続けてるし。

 

「ゆみかちゃんがちゃみさんを怖いと思っている。。。」そんな様子を心配してか、スクール生同期の子が次々と

「厳しく言うのはゆみかちゃんに期待してるからだよ。愛だよ!他の子みんな嫉妬してるよ」

といってくる。

そんなことを言われたら3ヶ月も前のダメ出し電話セッションがリフレインして、感情がうわっと出てきてまだ涙出てくるの。私、お金出したなりに成長しようと努力してたのに、それ最後の最後に否定されてんのに愛だなんて言えるかっ!ってまーだ感情が高ぶってまた涙出てくんの。

講演会あとの廊下やら懇親会に行くタクシーの中で「それさっき○○ちゃんから聞いた」

懇親会の最中も別の子からも、聞いた、聞いたよ、それ。愛でしょ、愛。そんなこと言われても私にはそう思えないの!

自分は拗ねてるだけだなって気づいてるんだけど、なんとも言えない感情が込み上げてくる。

おせっかいKちゃんの一言で

おせっかいKちゃんが、「ゆみかちゃん、ちゃみさんと話すんやで」と謎の一言を力強く残していったのでちゃみさんが隣に来た。に、逃げたい。。。

1週間泣きっぱなしだったこと、FBの投稿頑張ってたのに報告だったと言われて悔しかったこと、みんな次々と手放す宣言をしたのに自分はできなかったこと、電話でこっちは感情が高ぶって大泣きしているのに冷静な態度で頭にきたこと(ヤケになってるよね苦笑)など自分の思いをぶちまけた。電話セッションで大泣きしたのも、自分では気づいているけど気づかないふりをしていた事柄を突っつかれたからだと思うっていうのも伝えた。

「バカ」っていう言葉を言われたらカチンとくるよね。「バカ」って言われるたびに3万円あげるって言われたら、喜ぶよね!?同じ言葉なのに意味付けが違うだけでこんなにも感情が違ってくる。カチンとくるのは、心の底で自分がそう思っているから引っかかるんだよ。

スクールの時にやりたいことは?と聞かれても「なにかやりたいんですけどね」と自分の感情を出せませんでした。(サヌキが使えてないんだよね)

電話セッションでちゃみさんが指摘してきたことは、私のふかーいところに潜り込んでしまっていて、自分でも薄々気づいていたこと。だけど見たくないからぴっちり蓋をしていたところを「ピンポーーン」って押しちゃったんだよ。しかも楽しげに私には映るw だから痛くて痛くて涙が止まらない。

「期待しているから言ったんですよね」の同期の言葉に深くうんうんとうなづいていたちゃみさんを見て、ようやくそうなのかーーーーーと気持ちが柔らかくなってまた泣いてんのw

IMG_1820

号泣(T ^ T)

みーんなちゃみさんの愛だとわかっているのに、当の本人だけが気づかずにいたらしい。受け取りベタって怒られたww

そしてもらった言葉

IMG_1836

「早く降伏♡ やめたい きらい もうやだ たくさん表現してネ」

わからーーーーーーん!!!!

大声で叫ばさせてもらいました。相手がちゃみさんだろうが、こうなったら本音を言わせてもらいますわ。なんのことかさっぱりわからん。嫌なこととか嫌っていってるよ、表現してるよ、なにをどうしたらいいかわからん!

他の子へのメッセージはそうだね、そうだねって納得できた。でも自分のは全く理解できない。同期は「なんでわからないのーーーー!?」ってびっくり。

そのうちわかる時がくるらしいよ!?

直感を信じて

誤解を恐れず敢えて言おう。ちゃみさんが活動縮小しますと手放し宣言をして、集客もしている大規模講演会を投げ出すのはビジネス的にどうなんだと疑問に思ってた。それなのにみんな「感動しました」の嵐で宗教みたいで一歩引いてた。

それでも、なんだか気になってちゃみさんのブログはチェックしていたし、講演会と懇親会に参加したのはちゃみさんの活動を知った時の「私がやりたかったことはこれだ!』っていう直感をもう一度信じてみようと思ったから。

直感を信じて行動してみたら、ひとり出来損ないのスクール生だと思っていたのに、実はみんなからこんなにも愛されていたっていうのがわかった。あー何て素敵なんでしょう。

あげまんたちが集うとものすごいエネルギーで事が進んでいく。恐るべし仲間に出会えた事と、その場に一緒にいられる自分が嬉しく思うよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)