おふろcafe bivouac熊谷のリラクゼーションスペース

おふろcafe bivouac熊谷のリラクゼーションスペース

おふろ?cafe?いったいどっち?と不思議でたまらなかった大宮のおふろcafe

その系列店が熊谷に出来たので、行ってきました!

元サイタマ健康ランド。

2016年9月10日におふろcafeとしてオープンしました。

アウトドアがテーマのようで、テントから湯気が出てます。

入ってすぐの所。キャンプ場みたい。

スタッフの人もアウトドアの帽子つけててコンセプトが楽しい。

料金はフリータイムと時間制の2種類。

フリータイムにはタオルと館内着がセットになっているのでお時間ある方はフリータイムがお得です。

館内の料金は全て手首につけるバーコードで会計をします。

お金を払う感覚がないから、つい使いすぎちゃうのがこのバーコード制の怖いところ。気をつけましょう。

お風呂より館内施設がメイン?

お風呂は元健康ランドそのままなので、天井などあまり綺麗ではありませんでした。

洗い場も個室に区切ってない、大衆浴場の様な雰囲気。

泡風呂、硫黄風呂、薬草風呂、炭酸泉、サウナ、そして露天風呂として壷風呂が温泉でした。

泥パックがし放題だったので、塗りたくってツルツルになりました〜。

ここはお風呂よりは館内施設が充実していると思います。

  • フリーwifi
  • フリーコーヒー
  • 充電もし放題
  • ワーキングスペースあり
  • 漫画もいたるところにあり
  • マッサージチェアーもフリー
  • 仮眠スペースもあるのでお泊まりできる
  • マンガ以外の本もあり
  • ボードゲームもあり

ノマドとして平日ここでコーヒー飲み放題でブログ書いたらステキかも〜(ㅅ˙ ˘ ˙ )と夢が広がります。

しかも、いろんなスタイルで過ごすことができます。

個室スペースで寝転んだり、

ハンモックに揺られたり、

ツリーハウスで秘密基地の気分で過ごしたり。

お腹が空いたらキャンプ気分で

cafeメニューからガッツリ肉までメニュー豊富です。

ここもノンキャッシュで魔のバーコードです。

緑溢れる癒しの空間で頂きます!

写真にうまく写ってないけど、奥には大きなテントがあり、キャンプ気分で食べられます。

ここは「つるとんたん」か!?と疑う大きさのどんぶりとレンゲのカレーうどん。

カレーの辛さは中辛ぐらいで小学生の次女も食べられました。

 

のんびり過ごしたりひと汗かいたり思い思いの過ごし方を

お腹も満たしたらゆったりすごしました。

モグラ気分で個室みたいなところで埋まってみたり、

ハンモックや宙釣りテントにゆらゆら揺られてみたり、

雑誌や本を読んでみたり。

コーヒーは2種類飲み放題だし、リンゴやレモンのフレーバーウォーターもフリーでした。

ボルタリングしようかと思ったら、すぐにできるかと思いきや事前予約が必要で(それだけ人気ってこと)、またの機会にしました。ちなみにボルタリングをしたらひと汗かくので、またお風呂に入りたくなりますよ〜とスタッフの方おっしゃってました。

 

まとめ

フリータイムなら1日飽きることなく過ごすことができます。

会員カードはひとりひとり作成しないといけないところが、うむむむって感じでした。リピートするのであればお得になりますので作った方がいいと思います。

ワークショップなどのイベントもあったりするので、チェックして行ってみてね。

 

お店情報

おふろcafe bivouac(ビパーク)

営業時間  :10:00〜翌朝9:00

浴室利用時間:11:00〜翌朝9:00

電話番号 048−533−2614

住所:埼玉県熊谷市久保島939

埼玉県熊谷市久保島939
CATEGORY :